車買取でやってしまいがちな失敗事例

事故を起こしてしまった車でも査定は可能ですが、金額はかなり低くなるでしょう。

とは言っても、事故車であるということを隠そうとしても査定する人は事故車であることは分かるので、査定士との信頼関係が崩れ結果的にマイナスのイメージになってしまいます。

ので、もしも事故での損傷がひどすぎる場合は、事故車専門で買取を行っている中古車買取業者に査定を頼むと良い場合があります。

その方が高い額を提示されるはずですので、多くの場合でおすすめです。

 

買取業者の査定を控えた時点で、さて車の傷を直したらいいのか放置するのか悩む人は結構多いみたいですが、これは傷の大きさによります。

小さくて自分で直せそうなら、直して査定のマイナス要因を消しておくのが良いのですが、

修理工場に出すまではしなくても大丈夫です。

なぜなら傷を直したことでいくらか査定額がプラスされてもたいがい修理代の方がはるかに高くなるためで、もう修理はせずにありのままで.査定を受け成り行きに任せましょう。

 

車の査定の際、走行距離が短い方が査定の額が高くなります。

走行距離が長ければ長いほど車の状態が劣化してしまうからです。

だからと言っても、走行距離メーターに何か細工を加えるとそれは詐欺ですから、走ったものは諦めましょう。

次の車からは、売る時のことまで頭に入れておいて余計には走り過ぎないようにした方がいいと思います。

 

はい、今日はここまでとなりますが、今日お話ししたことは、結構多くの方が失敗してしまっていることなので、是非車を売ろうという際には忘れずに注意して売ってもらえたらと思います。